顎関節症悪化してしまうと、顎以外に影響が、、、

顎関節症とは、、、

 

顎関節症の主な症状は、

 

「顎の痛み、顎を動かすと音がなる、顎が開きづらい」

 

の3つになります。

 

 

 

 

 

顎関節症の原因の特定は、

 

難しく、いろいろな条件があわさって発症します。

 

歯ぎしりや、食いしばり、頬づえ様々な原因をよく耳にすると思います。

 

 

 

 

 

顎だけと思いがちですが、

 

身体全身に関係してきます。

 

 

 

 

姿勢が悪いだけでも顎関節症になる可能性があるのです。

 

例えば:猫背の方はどうなるのか、、、、

 

 

顎とは関係ないですよね?

 

顎関節症と関係があります。

 

 

 

 

 

なぜ?

 

猫背になと、顎の位置が変わってしまうのです。

 

 

 

 

顎を突き出すような格好になってしまい、

 

顎に負担がかかってしまい、

 

顎関節症になってしまうことも少なくないです。

 

 

 

 

 

次は、

 

顎関節症の進行についてお話ししていきます。

 

全ての人が当てはまるわけではありません。

 

外傷により顎関節症になられることもありますので

 

あくまで目安にしてください。

1、顎関節症の進行

 

①、筋肉の障害。(咀嚼筋(そしゃくきん)

 

咀嚼筋の筋肉は、咬筋(こうきん)、側頭筋(そくとうきん)、

 

外側翼突筋(がいそくよくとつきん)、

 

内側翼突筋(ないそくよくとつきん)4つの筋肉になります。

 

 

 

 

 

 

②、顎関節痛障害。偏咀嚼(へんそしゃく)

 

この障害は、生活のなかでの癖になります。

 

食事の時に虫歯があるとかで、

 

片方でしか噛んでいないと、顎関節がズレてしまい、

 

関節に痛みが出てしまうことがあります。

 

 

 

「朝起きた時に急に顎に痛みを感じます。」

 

 

 

 

 

③、関節円板の障害

 

関節円板は上顎、下顎の間にあります。

 

上顎、下顎のクッションの役割をして、

 

直接骨が当たらないようになっています。

 

 

 

 

関節円板はクッションの役割をしていますが、

 

すり減ってしまうこともあります。

 

 

 

このクッションの役割の関節円板がズレてしまうと、

 

音が出ると考えられています。

 

ズレにも種類があります。

 

 

 

正しい位置からずれることを「転位(てんい)」

 

 

一時的に正しい位置に戻るのが「復位性(ふくいせい)」

 

前方にズレていることを

 

前方転位(ぜんぽうてんい)」と言います。

 

 

 

 

2、頭の症状

・偏頭痛

 

偏頭痛は片側がズキンズキンと痛む。

 

慢性的な頭痛は脳がうまく働かなくなる症状になります。

 

 

 

 

 

前兆としては、

 

目の前が眩しくて見えづらい。

 

関連症状は、

 

吐き気、音、匂い、光に敏感になります。

 

 

 

 

 

 

痛みの変化は、

 

階段を登る時の動作で痛みが強くなったりします。

 

 

 

 

痛みの頻度は、

 

月に1回~数回。痛みが1日続くときもある。

 

 

 

 

 

・めまい

 

めまいの種類は3種類あります。

 

「回転性」「不動性もしくは動揺性」「たちくらみ」

 

「回転性」

 

ぐるぐる回るような感覚で、吐き気や嘔吐などの症状もあると考えられています。

 

 

 

 

「不動性もしくは動揺性」

 

ふわふわと宙に浮いている感覚

 

また、

 

事務作業で長時間のコンピーター作業によって

 

眼精疲労、肩こりも起こってきます。

 

 

 

 

「たちくらみ」

 

目の前が急に暗くなったり気が遠くなったりするようなめまい。

 

ひどいと、失神したかのように気を失ったりすることもあります。

 

不整脈や低血圧などの心臓や血管系の病気で

 

貧血などが原因で起こることが多いです。

3まとめ

顎関節症で顎以外に出る症状についてお話しなせていただきました。

 

顎関節症かも、、、

 

と思われる方もいると思います。

 

 

 

 

自分では判断できないし、

 

なんともないと思っていたのに、

 

急に痛みがあったり、音が出てきたり、人によって様々ですが、

 

頭痛、めまいで悩まれる方も少なくないです。

 

 

 

 

 

頭痛が月に1回でも嫌ですよね?

 

痛み止めの薬飲みたくなくても痛いから飲んでしまう、、、

 

薬の飲む頻度が上がってしまった、、、

 

 

薬の副作用があったりで頭を抱えてしまうかもしれません。

 

頭痛を和らげるために、薬ではなく、生活習慣を見直しましょう。

 

 

 

 

しっかり睡眠を取ることが大事になります。

 

食べ物だとチョコレートやチーズを避けた方がいいです。

 

チョコレートやチーズお好きな方も多いと思いますが、

 

頭痛をひどくさせないために控えた方がいいと考えられます。

 

わからないことや気になることがありましたら相談してください。