顎がだるい、、、顎関節症の予備軍?

朝起きると顎がだるく感じることないですか?

 

毎日いつもと変わらない生活しているのに

 

 

 

 

もう何日も顎がだるいのが続いている、、、

なぜ、、、

 

 

 

 

 

このような症状を感じられている。

 

 

 

あなたは、

 

顎関節症の可能性があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近引越しをして環境が変わり、

 

 

 

 

慣れないせいか、、、、

 

 

 

なんかイライラしてしまう、、、

 

 

 

そんなことで怒る?いうことで、

 

 

カリカリしてしまっている、、、

 

 

これはストレスなのかな?

 

 

 

 

 

実際に、

 

環境の変化で、ストレスを感じてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今までは、

 

なかったもしくは、あまりしてなかった

 

食いしばりが増えていませんか?

 

 

 

 

 

 

気づいたら力んでいませんか?

 

夜寝ている時にくいしばることで

 

朝起きた時に夜に食いしばっていた疲労が朝にきているのです。

 

だるい以外に口が開かなくなるとこもあるので注意してください。

1ストレスと顎関節症との関係について

 

顎関節症は大きく分けて症状は3つになります。

 

 

「痛み・雑音・顎が開きづらい」

 

 

冒頭に挙げたように

 

顎がだるいと感じてそのままにしておくと、

 

口が開きづらくなってくるかも、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

ストレスが大きく関係していきています。

 

精神的なストレスだけではなく、

 

そのストレスが顎関節症になることも珍しくないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ストレスにより、

 

フワフワしためまいがすると、

 

ストレスによる自律神経の乱れ原因と考えられます。

 

ひどいと自律神経失調症になってしまうのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

めまいだけで、治らず

 

人によって、耳鳴りも併発することもあります。

 

 

 

 

 

 

また、

 

クラクラとしためまいの時

 

三半規管に異常をきたしているので、

 

耳に影響してしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

三半規管は平衡感覚を保っているため、

 

ストレスにより三半規管が異常きたしてしまうと、

 

めまい、耳鳴りに影響してしまうのです。

 

 

 

2、ストレスからくる耳鳴り原因。

 

 

ストレスにより、耳鳴りがしたりします。

 

何も音がしていないのに、耳の奥で音が「キーッン」としたります。

 

周囲の何気ない音も大きく聞こえたりする症状です。

 

よく原因がわからなく、ストレスが原因ですね。

 

 

 

 

と、

 

 

簡単に言われてことないですか?

 

 

ストレスにより、自律神経の働きが、

 

悪くなり、血流も悪くなり、

 

血流障害を起こしてしまいます。

 

 

 

 

 

つまり、

 

耳鳴りも自律神経失調症なのです。

 

耳鳴りの症状で細菌性のもありますが、

 

一般では少ないです。

 

 

 

 

 

 

 

なので、

 

多くは自律神経失調症になるのです。

 

ストレスが自律神経に与える影響は大きいのです。

 

ストレスを溜め込んでいると、

 

耳鳴りの原因にもなてくるのです。

 

 

3自律神経の乱れ

 

ストレスが自律神経に影響を与えていると言われますが、

 

どのように影響につながっているのか、、、

 

自律神経は複雑な作りになっていますが、

 

大まかに2つの神経に分かれています。

 

 

 

 

 

 

 

交感神経と副交感神経です

 

交感神経は

 

活動している時や緊張している時、

 

イライラしている時に働く神経です。

 

 

 

 

 

 

 

副交感神経

 

眠っている時やリラックスしている時に働く神経になります。

 

この交感神経と副交感神経のバランスが乱れてしまうと

 

身体に不調が生じてしまいます。

 

 

 

 

 

 

なので、

 

自律神経が原因の時は、

 

交感神経副交感神経バランスが取れていない時になります。

 

 

 

 

 

 

簡単に考えると、

 

活動や緊張が強い時は

 

休む時間リラックスできることを増やして行きましょう。

 

 

4まとめ

 

顎がだるいについてお話しさせていただきました。

 

顎のだるさはストレスからきていることが多いのです。

 

直接的にではなく、間接的につながっているのです。

 

 

 

 

ストレスにより、食いしばってしまうと、

 

食いしばりで、筋肉が緊張してしまい、

 

顎関節に負担がかかってしまい、

 

顎がだるく感じてしまうのです。

 

 

 

 

 

ストレスは怖いもので、

 

自律神経を乱してしまいます。

 

自律神経が乱れることで、

 

三半規管に影響がでて、

 

めまいや耳鳴りにつながってしまいます。

 

 

 

 

 

自律神経の乱れは

 

顎関節症だけの問題だけはないのです。

 

 

 

 

 

 

顎関節症もストレスからくると言われていますが、

 

自律神経失調症になっているかもしれません。

 

 

 

 

 

たまたま症状が顎関節症に現れてきているだけなのです。

 

自律神経は全身の器官が健全に働くために作用します。

 

 

 

 

 

例えば:食事で食べたものが胃に行きます。勝手に消化してくれますよね?

 

 

 

 

 

これは自律神経の働きによるものです。

 

意外と知られていない、

 

自律神経は、重要な働きをしているのです。