顎関節症大人だけと思っていませんか?子供も顎関節症に、、、

顎関節症と聞くと、あなたはどのようにイメージしますか?

 

 

人によってそれぞれですが、

 

顎関節症は大人がなるもので、

 

 

 

子供が顎関節症になるイメージ

 

持たれる方は少ないのでないでしょうか。

 

 

 

 

 

確かに、

 

大人の方が多いですが、

 

子供も顎関節症にならない、わけではありません。

 

今日はお子さんの顎関節症についてお話しして行きます。

 

 

 

1、子供でも顎関節症になるのか

 

大人ほど高い確率ではありませんが、

 

子供も顎関節症にかかります。

 

 

 

 

顎関節症は特に、

 

20~30代の若い女性に多くみられる症状ですが、

 

幼少期でも顎関節症の症状がでているお子さんもいます

 

年齢が上がるにつれて、その数は増加しています。

 

 

 

 

特に、

 

乳歯が抜け落ちて、

 

永久歯が生えそろう中高生になると、

 

その数はまた増えてきます。

 

 

 

 

また、

 

男性に比べて、女性は顎の大きさが、小さいので、

 

それが原因の一つと考えられています

 

小学生からの顎関節症は増加傾向にあります。

2、子供が顎関節症になる原因について

 

大人と変わらないのは生活習慣の「くせ」になります。

 

顎関節に負担を与えてしまう、、、

 

 

 

例えば:頬づえや食いしばり、歯ぎしり、猫背と挙げられます。

 

 

 

 

お子さんに多いのは歯並びになります。

 

 

 

①歯並びに原因がある

 

歯並びになぜ問題があるのか、

 

お子さんの歯は、成長とともに、乳歯〜永久歯に生え変わります。

 

 

 

 

今の食生活の変化から、

 

お子さんの顎の大きさは小さくなる傾向が見られています。

 

 

 

 

今の食生活は

 

噛まなくてもいい食事が多いです。

 

 

 

 

 

なので、

 

柔らかいものを食べることによって、あまり噛まなくなり、

 

顎の筋力骨の発達がなくなってしまいます。

 

 

 

 

 

 

乳歯から永久歯の生え変わり時に顎の大きさが合わなくて

 

十分なスペースが確保されていない場合は、

 

歯並べに問題が起きてきます

 

 

 

 

 

また、

 

母乳で育ったお子さんと、そうでないお子さんでは

 

顎の骨、筋肉の成長が変わってきます。

 

 

 

 

 

赤ちゃんは母乳を飲むためには、強く吸う必要があります。

 

母乳を吸うことにより、顎や筋肉の発達させます。

 

母乳で育ったお子さんは顎の成長が発達し、

 

咀嚼機能(食べるときに使う機能)が発達します。

 

 

 

 

 

 

なので、

 

その後の食生活でもよく噛むようになり、

 

顎の骨も発達していくのです。

 

 

 

 

 

母乳ではなく哺乳瓶だと何が違うの?

 

母乳を飲むときは、舌を使って飲みます

 

 

 

 

 

なので、

 

咀嚼機能が発達します。

 

 

 

 

 

 

哺乳瓶だと、

 

ただ、唇で吸うだけになるので、

 

舌が使えないので、咀嚼機能が発達しないのです。

 

 

 

 

 

 

②生活習慣のくせ

 

生活習慣でのくせは無意識に行っていることが多いです。

 

あてはまる癖があるか確かめてみましょう。

 

 

・大きく口を開ける癖がある。

 

・食事の時に右、左、どちらかで食べていることが多い。

 

・座っている時によく頬づえをついてしまう。

 

・スマホを触っていてずっと下を向いている。

 

・食いしばり、歯ぎしり癖がある。

 

・うつ伏せで寝ることが多い。

 

・猫背になっている。

 

 

 

 

何個当てはまっていましたか?

 

これが全てではありません。

 

 

 

 

 

まだ色々細かいこと言えば出てきます。

 

ここに挙げられていることを続けていたら、

 

顎関節に負担をかけていることになるので

 

注意してください。

 

 

3、まとめ

 

お子さんの顎関節症についてお話しさせていただきましたが、

 

なんどもいいますが、

 

顎関節症は大人だけがなる症状ではありません。

 

 

 

 

お子さんもなる症状なので、

 

大人の方が注意してあげないといけないのです。

 

 

 

 

痛みがある場合は、「痛い」と訴えてくれるので、

 

わかりやすいかと思いますが、

 

虫歯と勘違いしてしまうケースもあるので、

 

一度ちゃんと確認しましょう。

 

 

 

音(カクンッカクンッ)がなる症状だと、

 

お子さんが音がなることで、面白半分で鳴らして

 

開閉を繰り返し 、顎関節に負担をかけてしまいます。

 

これは、癖になりやすいので、注意が必要です。

 

 

 

 

顎関節症は自然と症状が改善されることもありますが、

 

自然にというよりは、生活習慣が改善されていることが多いのです。

 

症状が軽いうちに生活習慣を見直して

 

早めに改善していきましょう。