耳の症状これは顎関節症と関係?

1、噛むと耳が痛い

顎関節症から耳の痛みが来ているかもしれません。

 

普段痛みはないのに、

 

「食事すると痛い」

 

ってことないですか?

 

 

 

それは顎関節症によって痛みがきていると考えられます。

 

そもそも顎関節症ってなに?

 

と思う方もいると思うので、簡単に説明していこうと思います。

 

 

 

顎関節症になるとどうなるの?

 

顎の開閉時に

 

痛みがあったり、カクッと音がなったり、顎が開かなくなったりします。

 

 

 

痛みも関節に出たり、頭痛(こめかみ)になったり、

 

耳が詰まったりと色々な症状が出てきます。

 

人によって日常生活に支障がある人、ない人に分かれます。

 

 

 

人によって施術が必要な人もいれば、ほかっておいて治ってしまう人もます。

 

悪化してしまった人は施術が必要と考えたほうがいいですね。

 

 

 

悪化してしまった人は、

 

そのままにしてて、よくならなっかたので

 

何か対策を考えるべきです。

 

 

 

例えば姿勢から見直すのもいいですね。

 

 

 

姿勢について話していきますので確認してください。

 

何に原因があるかわからないので

 

まずは心辺りのあるところから見直していきましょう。

2、顎関節症の仕組み

なぜ、顎関節症になってしまうのか。

 

食いしばり、歯ぎしりにより顎関節周りの筋肉が緊張してしまい、

 

動きに制限がかかり顎が開かなくなったり痛みが出たりします。

 

普段の姿勢も顎関節症になってしまいます。

 

 

 

例えば、

 

頬杖だったり、うつ伏せで寝てしまっていたり、

 

足をよく組んでしまう、電話の時に肩に挟んで通話してしまう等あります。

 

 

 

最近顎関節症かもと思う方は、

 

一度このような食いしばり、歯ぎしり

 

姿勢を見直してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

また症状がひどくない時だと、これだけ見直すだけでも改善されます。

 

なので、一度試していてください。

 

 

 

 

2ー1、関節円版とは

 

関節円板は顎関節の上顎と下顎の間にあり

 

クッションの役割をしているものです。

 

 

 

顎が開かない時、本来顎関節は前にズレて顎が大きく開きますが、

 

顎関節の間にある関節円板が、顎の動きの妨げになり、

 

口が開きづらくなり、引っかかってしまうと考えられています。

 

 

 

関節円板が削れ本来の働きができない時があります。

 

関節円板が削れてしまうとどうなるでしょうか、、、

 

上顎、下顎の間にあるクッションの役割がなくなるので、

 

直接骨があたってしまい、骨がすり減り、変形してしまいます。

 

 

 

3、音と耳なりとの関係

顎関節は耳の近くにあるので音に敏感になります。

 

顎関節症は、耳鳴りや難聴に発展してしまうこともあります。

 

 

 

また、

 

内耳への影響が強いと、

 

身体のバランス機能に不具合が生じてしまい、

 

めまいなどが起きてしまうことがあります。

 

 

 

顎関節症は顎の症状と思われがちですが、

 

実は耳など幅広いところまで影響を与える怖い症状なんです。

 

 

4、やってはいけないこと

最近ではお子さんも顎関節症になられて、

 

痛みや症状に悩まれている方も多いです。

 

 

 

すぐに噛み合わせが原因と判断しないでください。

 

噛み合わせではなく、顎がズレている可能性もあります。

 

 

 

ので、

 

注意が必要です。

 

顎のズレが原因なのに、噛み合わせだけを治してしまっても、

 

顎関節症は良くならないです。

 

 

 

なぜなら、

 

顎のズレに原因があるからです。

 

 

 

そうすることにより顎のズレを治した後に

 

もう一度噛み合わせの対策が必要になるので、

 

噛み合わせの施術と顎のズレで2も施術が必要になります。

 

 

 

なので、

 

余計に時間がかかってしまうことになります。

 

 

 

ガムや硬いもの食べると負担になりますので、

 

痛みが強い時は硬い食べ物を避けてください。

 

 

 

ガムは片方で噛んでしまうので片方の筋肉が緊張してしまい

 

顎の動きがスムーズに動かなくなります。

 

 

 

 

1、薬に依存してしまうこと

 

よく痛みが強いからと痛み止め薬に頼ってしまいがちです。

 

最初はいいかもしれませんが、飲んでるうちに手放せなくなり、

 

薬に依存してしまいます。

 

 

 

痛み止めを飲むことによって当然痛みは引くかもしれませんが、

 

副作用があること忘れてはいけません。

 

吐き気、嘔吐、胸焼け、腹痛、食欲不振、胃部不快感、下痢、便秘、胃炎、消化性潰瘍、消化不良、腹部膨満感など起こします。

 

5、まとめ

顎関節症で痛みがある場合は、

 

最初から薬に頼らずにまずは冷やすことから試してみましょう。

 

 

 

冷やすことで炎症を抑えることができますので、

 

炎症が原因になる場合は冷やすことが一番いい対策になります。

 

 

 

薬でその場しのぎしていても、

 

根本原因が解決しているわけではないので、

 

薬の効果が切れて痛みが出てくると思います。

 

 

 

なので、

 

根本から改善することによって薬のいらない生活が送れるのです。

 

実際のお客さんにも痛みが出た時はまず冷やしていただき様子を見てもらっています。

 

 

 

おかげさまで、薬を飲み続けている方は少なくなりました。

 

嘘でしょ?


半信半疑の気持ちでもいいので一度痛みが出た時は試して見てください。

 

またわからないことがありましたら連絡ください。