30代 女性

before画像
after画像

仕事が忙しいのが続いてストレスが溜まって顎にきているんじゃないかということで来院されました。
もともと口を開ける時に音は鳴っていましたが、音が鳴る時に痛みが出るようになってしまい口も開きにくくなってしまったそうです。
この方は自律神経の乱れから頭蓋骨の硬さや首のこりなどが生じてしまい、それによって無意識のうちに食いしばりをしてしまっていたので顎に負担が掛かっていたといえます。
まずは自律神経を整えることと食いしばっている筋肉を緩めることを中心に始めました。
徐々に症状が取れてきましたが音に関しては少し残っているので関節円板という軟骨が消耗している可能性があります。

<悩んだ期間>
・6ヶ月

<施術へのご要望>
・口を開く時の痛み
・ジャリジャリと鳴る音を消したい
・仕事中に無意識のうちに食いしばっている
・首こり

<ご自身の施術前の現状>
・口を開ける時の痛み
・ジャリジャリする音
・首がこる
・食いしばり
・目が疲れる

<顎関節症検査で気になった項目>
・咬筋、側頭筋の緊張
・自律神経の乱れ
・頭蓋骨の緊張
・首肩の筋肉の緊張
・クリック音

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

同じ症状のBeforeAfter

20代 男性
20代 女性
60代 女性