20代 女性

before画像
after画像

夜に歯ぎしりが酷くて朝起きると顎周りがだるいことも。
寝ている間に動いているので顎の関節に負担が掛かっているケースです。
これは自律神経の乱れも関係があるのでまずは自律神経の施術が必要になります。
歯医者さんでマウスピースを処方されて使っていましたが、あまり改善がなかったそうです。
頭蓋骨の緊張と顎周りの筋肉の緊張が強かったのでその施術をしました。
初回では劇的な変化はありませんでしたが、いろいろと原因がありそうなのでしっかりと対策をしていくことが重要になります。

<悩んだ期間>
・2年

<施術へのご要望>
・開ける時の痛みを取りたい
・顎以外に肩こりがある
・口を大きく開けたい

<ご自身の施術前の現状>
・口を大きく開けれない
・肩がこる
・睡眠が浅い
・歯ぎしりをしてしまっている

<顎関節症検査で気になった項目>
・首肩の筋肉の緊張
・頭蓋骨の緊張
・咬筋、側頭筋の緊張
・自律神経の乱れ

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

同じ症状のBeforeAfter

20代 男性
20代 女性
60代 女性